君は毎回言うことがちがう

カタクチイワシ、なんて名前は可愛さに溢れていると思う。片方のクチってなんだ。

アコーディオンカーテンは命名した人に会ってみたいくらいだ。あなた、これはジャバラカーテンです。

「いい人間になろう」と言えば、その瞬間から、いい人間になれるみたいな愚直さ。

 

今生の

病に床臥し、いくばくか流れた。

身体に三粒の腫れ物がたたっている。

ひとつは欲する。ひとつは願う。ひとつは哀し。

弾けることが全てと、膨れて、いつかを待っている。

今は小さくても、やがてビッグになってやると腫瘍は夢を描いている。

心の浜辺に腰を下ろす。すくい取って手を広げるとさらさらと落ちていく、砂砂砂。俺の感傷。俺の情緒。俺の中の粒立ったおもい。

海は広がり続ける。波はかぶれる。夢は張り裂けそうにヒリヒリとしている。

呼ぶものはいない。

あ(昔書いたやつ)

ひらけた。うまれた。とんだ。 

君の瞳に僕がうつって、世界ができた。 

この時に君がすこし嫌な顔をして、僕は笑ったから世界はゆがんだ。 

手のひらの中で大事にされた泥だんごのような世界は自分がなんでもできるとカンチガイしていろんな方向にのびたり、とんがってみたり。それをみた何もしらないヤツがまるで、前髪の寝グセをなおすかのように些細な気持ちで世界をきょうせいした。世界はこわれた。 

世界は笑った。 

視界がひらけて、身をゆだねると自分が新しくうまれたような心地がした。世界は空をとんだ。 

そして、おちた。 

おちて黄身か白身か判別ができないほどに世界はぐちゃぐちゃになった。 

こうしてぐちゃぐちゃになってみると世界はどうでもよくなった。価値観も、愛したヒトのこともわすれて世界は笑った。 

ひとしきり笑ったあと、世界はそういえば今日の10時から卵のタイムセールがあったことを思い出した。世界は少し後悔した。 

今日の日記

夏に蝕まれている。いや、オレが夏を侵しているのか。よくわからん。死ねと言われてもわからん。ろくに死ねやしない。寝不足でなら死ねるかもなぁと振り返った矢先、君は暑さに倒れて死んでいる。あぁ、夏に蝕まれている